2007年10月18日

カメダ騒動


カメダ家騒動をボケーっと見てて思うのは
カメダ家はとっても仲が良くて、父子の信頼関係もしっかりしている
見ようによっては素敵な家族だと思う。
ただ、だからこそ、もっと節度とか礼儀とかをきちんとわきまえていてほしかった。
「すみませんでした」のたった一言が言えなかったカメダ家次男坊を見て
色んな意味で「可哀想」だと思った。

18歳という年齢は「未成年=子供だから、大目に見てあげてもいい」
を通用させてはいけない年齢だと思う。
それを踏まえて、次男坊はまだまだ子供に見えた
たとえ実力があっても、プロボクサーとしてリングに立たせてはいけなかった。
ボクシングの試合に付き物の(そう見えるw)煽り合いや挑発は
その後の結果に自分で責任が取れる大人がする行為。
万が一にでも負ければ恥を掻き、嘲笑されてバッシングも受ける。
どんなに自分に自信があってもそれを想定出来るのが大人。
無鉄砲であることはカッコイイことじゃないと分かっているのが大人。
周りに流されていたのだとしても、限度を見極められなかった次男坊は
やっぱり子供だったんだとしか言えない。
「ごめんなさい」も言えないような子供。
もう18歳なのに、可哀想。

同じことが、カメダパパにも言えるんじゃないかと。
むしろパパの方が重症。
息子たちを強いプロボクサーとして育てながら
父子の信頼関係はあんなに上手に築けているのに
人として大事なことをおしえていなかったのは、親として致命的だと思う。
そのせいで痛い目を見るのは息子なのに。
ここ数日は、色んなことを凄く後悔してるんじゃないだろうか。。。
どうかそうあってほしいと思う。


もうすぐ親になる身として、このカメダ家の騒動を
単純に「カメダが悪い」と切って捨てるのはなんだか難しい。
他人事としてじゃなく、他山の石として
「子は親の鏡」という言葉を自分の肝に銘じておきたいと思った。
posted by コタカ at 09:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちゃおッス(*´∀`)ノ
コタカも大人になったね〜・・・じゃなくて、
親なんだなぁ〜って思ったwww
妊娠中の10ヶ月の間に女は母親になるんやね。

それにしても亀田家騒動、すごいね〜。
今まで散々やりたい放題だったから、バチがあたったんだな〜
くらいにしか思ってないwwwむしろ、どーでもいい。
でも、自分の子供はあんな礼儀知らずの子供には育てたくないと、常々思ってたよ。
Posted by 笑華 at 2007年10月18日 14:49
ちょっと前までなら私もまるっきり他人事で
かけらも興味を示さなかったと思うんだけど
笑華も書いてる通り、自分の子はあんな風になってほしくない
っていうのをリアルに感じずにはいられなかったんだよね。
母になるというより「もし子供が出来たら」という仮定が仮定じゃなくなってきて
「うわぁ、どうすべ(;´д`)」と焦ってるに近いw
Posted by コタカ at 2007年10月19日 17:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。